不動産購入時にかかる諸費用としては次のようなものがあります。
合計で物件価格の概ね7%~10%程度が目安と考えておけばいいでしょう。

<仲介手数料>
宅地建物取引業法により、物件価格によって仲介手数料の上限が定められています。
200万以下の物件:売買価格の5%+消費税
200万以上400万以下の物件:売買価格の4%+消費税
400万以上の物件:売買価格の3%+6万円+消費税

<契約印紙代>
不動産売買契約書に貼る収入印紙代です。
売買代金によって印紙税が定められています。

<不動産取得税>
不動産を取得した人に課税される都道府県税です。
税率は固定資産税評価額の4%ですが、住宅用の土地・建物については3%となります。

<登録免許税>
不動産の所有権の保存登記をする時にかかる国税です。
新築:物件価格×0.4%(軽減税率 0.15%)
中古:物件価格×2.0%(軽減税率 0.3%)

<司法書士による登記費用>
司法書士の報酬は自由化されていて、司法書士により価格が違いますが、およそ15万程度と考えておけばいいでしょう。

<ローン関係費用>
団体信用生命保険料
ローン手数料:金融機関によって3~5万円の事務手数料がかかります。

<火災保険料>
購入する不動産にかける火災保険費用です。

不動産投資にかかる費用の関連記事