不動産投資における利回り

不動産投資における利回りとは、投資額に対して、どれくらいの利益があるのかを数値化して百分率で表したものです。
主に用いられる利回りには、表面利回り実質利回りの2種類があります。
両者の意味と使い方は次のとおりです。

表面利回り(グロス)

表面利回り(%)=年間家賃収入÷物件価格×100

購入経費やアパート経営に必要な諸経費を考慮に入れていませんが、目安として分かりやすく、通常、利回りというとこれを指します。
最初に物件情報を見る時などに、おおよそ割高か割安かを知るにはわかりやすいので使われます。
ただ、あくまでも概算にすぎないので、実際の判断は実質利回りで行う必要があります。

実質利回り(ネット)

実質利回り(%)=(年間家賃収入-年間の運用経費)÷(物件価格+購入時の諸経費)×100

年間の家賃収入から固定資産税、火災保険料、賃貸管理費、建物管理費、修繕費用などの経費を引いた実質的な収入を、購入時にかかった諸経費を加えた取得費総額で割ったものです。
投資すべきかどうかの判断はkの実質利回りで行わなければなりません。
運営していく上で空室は必ず発生するので、数パーセントの空室率を考慮し、年間家賃収入からはその分にあたる収入を引いておく必要があります。
実質利回りは、表面利回りに比べて1%ほど低くなるのが一般的です。

不動産投資における利回り

初心者でも気軽に始められる!中古ワンルームマンション投資!



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ