不動産業者について

不動産投資においては、不動産業者との付き合いが欠かせません。
不動産業者は、物件探しから物件の管理まで、ありとあらゆる場面で関わってきますので、不動産投資の成否を左右する大きな要素の一つであるといえます。
したがって、長く付き合っていける優れた不動産業者を見つけることが重要になります。
そうした優れた不動産業者の条件とは、どのようなものになるのでしょうか。

<1.物件情報を多く持っている>
インターネットの普及もあって、一見、不動産市場には多くの情報が公開されているように見えますが、不動産流通標準情報システム「REINS」が業者間の情報共有の目的のみで利用されていることからもわかるように、必ずしも投資家に開かれた市場とはいえません。
インターネットで公開されてない物件を非公開物件といいますが、実際に不動産業者の店に出向いてみれば、この事実がわかると思います。
会って話をしてみた上で、初めて教えてくれる物件情報も少なくありません。
そして、こうした非公開物件の中に優良物件がある可能性は少なくないというのが実状です。
さらに、物件の売却を希望している人が売りに出している事実を周囲に知られたくないというケースもあり、そういう情報は限られた業者の間でしかやりとりされません。
こうした物件情報は、限られた業者が自分が懇意にしている優良顧客に順番に流していき、全てに行き渡った後にインターネットで公開するという手順になります。
業者間での信頼度が高い不動産業者にはこうした物件の情報が多数流れることになるので、このような業者と付き合うことができれば多くの優良物件の情報に触れることができるのです。

<2.金融機関との間に太いパイプがある>
候補の物件が決まれば、収益を確認し、問題がなければ融資の話になります。
優秀な不動産業者はいくつかの金融機関の担当と懇意にしており、融資を付けるためのノウハウを持っています。
各々の金融機関について、どういう点に注意すれば融資審査に通るかについて熟知しているので、様々なケースにおいて最適な金融機関の選択についても適格なアドバイスしてくれる可能性があります。

<3.物件管理において多くのノウハウを持っている>
運営時の家賃収入に大きな影響を与えるのが入居者募集のノウハウです。
退去がわかった時点で、いい入居者をタイミングよく集めることができるのが優れた不動産業者の証になります。
また、管理上で起こ様々な問題への対処についても対応やアドバイスをしてくれます。
その他、修繕が必要になった場合、よいリフォーム業者を紹介してくれるので、適正価格で修繕を行うことができます。
管理を委託する不動産業者の選び方一つで事業の収益が大きく違ってくる可能性も少なくありません。
物件管理を、物件購入時に付き合った不動産業者とは違う業者に委託する場合もありますが、同じ業者に依頼すれば、さらに付き合いを深めることができます。

不動産業者について

初心者でも気軽に始められる!中古ワンルームマンション投資!



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ